ダイヤモンド製品の鑑定なら買取本舗七福神にお任せ。鑑定書の見方も懇切丁寧に説明させて頂きます。

買取本舗七福神

ダイヤモンド鑑定書(グレーティングレポート)の見方

お問い合わせ
銀座本店  0120-565-566   渋谷店 0120-729-739   新宿店 0120-766-999
池袋店   0120-729-727   横浜店 0120-595-565   川崎店 0120-595-195
川崎大師店 0120-111-891   大宮店 0120-873-773   札幌店 0120-891-811
鑑定書(グレーティングレポート)の見方
鑑定書は鑑定機関・年代により評価が大きく変わる場合があります。
※鑑定機関によってはフォームは一部異なる場合もあります。

 

ダイヤモンドグレーティングレポート サンプル

ダイヤモンドグレーティングレポート
ダイヤの価値とは カラット+カラー+クラリティ+カット の4Cで成り立ちます。

 

【1】ダイヤモンドの4C

Carat カラット Carat カラット (重量)
ダイヤモンドのカラット(重さ)を表します。サイズではないので同じカラットでも直径が変わって見えます。
Color カラー Color カラー (色)
ダイヤモンドの色味を表します。 色は基準となる「マスタートーン」を用いて評価され、無色透明であればあるほどDカラーに近づき ます。 DEF(無色) GHIK(ほぼ無色) KLM(微黄色) N~Z(黄色)
Clarity クラリティ Clarity クラリティ (透明度)
ダイヤモンドに含まれる内包物の割合や外側のキズなどの評価を表します。 天然のダイヤモンドには微細な内包物やキズなどが存在します。
Cut カット Cut カット (仕上げ)
ダイヤモンドを輝かせる上で最も大切な要素です。 優れたカットのものほど輝きが強く、美しい輝きを放ちます。
(カット評価スケール)
[Excellent] > [VeryGood] > [Good] > [Fair] > [Poor]

 

【2】蛍光性

蛍光性 ダイヤモンドに紫外線を当てた時に何色に見えるかというものです。 査定する際にはUVライトを使用します。 蛍光性の評価については、ない(NONE)方が評価が高く強い方がダイヤモンド自信が濁って見えることが多いです。

 

【3】直径寸法

直径寸法 ダイヤモンドの単位はカラット(重さ)です。 従ってカラットはあっても正面からみて直径の小さいものは評価が下がります。

 

鑑定書

天然ダイヤモンドのグレードを示したもの(一部例外有)

 

鑑別書

宝石の種類・真偽・処理の有無などを調べるもの
宅配に関するお電話でのお問い合わせはこちらまで